スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犯人は『アー』と叫び走っていった」 加藤被告がメモ 秋葉原殺傷事件第7回公判(産経新聞)

【秋葉原17人殺傷 第7回】(1)

 《東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(27)の第7回公判が27日午前10時1分、東京地裁(村山浩昭裁判長)で始まった》

 《これまで法廷では、事件の被害者や目撃者が次々と証言台に立ち、当時の惨状を赤裸々に語ってきた。第7回目となる今公判では、被害者1人と目撃者3人の証人尋問が行われることになっている》

 《また、少なくとも証人の1人は法廷には姿を見せず、別室で尋問に応じて音声のみが法廷に中継される「ビデオリンク方式」が採用されるようだ。これまでも被告と顔を合わせたくない証人のために衝立による遮蔽(しゃへい)措置などがとられてきたが、ビデオリンク方式がとられるのは今裁判では初めて》

 《法廷は、普段使用してきた東京地裁最大の広さを誇る104号法廷ではなく、ビデオリンクの設備がある426法廷が使われることになった。傍聴席は38席で、98席ある104号法廷に比べると2回りぐらい小さい印象を受ける》

 《傍聴人の入廷が終わり、午前9時59分、加藤被告が向かって左手の扉から法廷に姿を現した。いつものように黒のスーツに白いワイシャツ姿。入廷すると、すぐそばに傍聴席が見える。事件関係者の姿を認めると、やはりいつものように一礼し、向かって右手に位置する弁護人席の前の長いすに腰を下ろした。傍聴席最前列から加藤被告までは、わずか2メートルほど。手が届きそうなほどの距離だ》

 裁判長「それでは、開廷します」

 《午前10時1分、村山裁判長の声が法廷内に響いた》

 裁判長「次に取り調べる証人については、遮蔽の措置が決定していますので、いまからその措置をとります」

 《村山裁判長の声に促されるように、法廷内に遮蔽用の衝立が立てられた。しばらくするとドアが開く音と、いすに座る音が聞こえる》

 裁判長「証人の方ですね」

 証人「はい」

 《男性とみられる証人の声が響いた。証人の宣誓が終わり、尋問が開始される。検察官が立ち上がり、質問を始める。加藤被告は視線を下げた状態で、身動きせず座っている》

 検察官「あなたは、平成20年6月8日、殺人事件の起きた現場にいましたね」

 証人「はい」

 《最初の証人は、事件の目撃者の男性のようだ》

 《起訴状によると、加藤被告は平成20年6月8日、東京・秋葉原の交差点にトラックで突っ込み、3人をはねて殺害。さらにダガーナイフで4人を刺殺したほか、10人にけがを負わせたなどとされている》

 《証人は事件当日、ゲームソフトやパソコンソフトを購入するため、友人と2人で秋葉原に来ていたという。事件直前は、ラーメン店でラーメンを食べ、その後ゲームソフト店に向かうため、加藤被告がトラックで突っ込んだ交差点近くを、北から南へJR秋葉原駅方向に歩いていたようだ》

 検察官「そのとき、何が起きましたか」

 証人「後ろから、ガシャーンという音が聞こえました」

 検察官「現場の見取り図を証人に示したいのですが」

 《村山裁判長の許可を得た検察官が、法廷内の大型モニターに現場の見取り図を映し出した。検察官は、証人に図の位置関係が分かるか確認した後、質問を再開する》

 検察官「あなたがガシャーンという音を聞いたときの場所を『あ』と書き込んでもらえますか?」

 《証人が見取り図に「あ」と書き込み、丸で囲む》

 《音のする方向を見ると、人が倒れていたという証人。近づこうとすると、その周辺から「キャー」という悲鳴が聞こえたという》

 検察官「そのとき、何が見えましたか」

 証人「犯人が何かを持って走っていました」

 検察官「犯人とは?」

 証人「この事件の犯人である加藤被告のことを指して言いました」

 検察官「今、犯人と言いましたが、その犯人はどのような様子でしたか」

 証人「右手に何か持って、『アー』という言葉を叫んで走っていきました」

 《検察官は大型モニターに、加藤被告が事件当日に着ていた白のジャケットと白のズボンを映し、証人に確認させた上で、次の質問に移った》

 検察官「犯人はどのような姿勢でしたか」

 証人「両腕を広げていました。そのとき『ナイフを持っているぞー』という叫び声が聞こえました」

 《その後、交差点の中央付近に立っていた警察官に犯人が体ごとぶつかっていった姿を見たという証人》

 検察官「その警察官は、どうなりましたか」

 証人「その場で前のめりに倒れました」

 検察官「その後、犯人はどうしたのでしょうか」

 証人「友人と逃げたので、細かいところは分かりません」

 《それまで身動きせず質疑に聞き入っていた加藤被告。ここで机の上に置かれたノートを開き、なにやら書き込み始めた》

 《証人はこの後、もう一度犯人を見たという。それは、警察官に追われる加藤被告の姿だった》

 証人「犯人に大きな声を出している人は『待てー』と言っていました。(声を出している人は)制服を着た警察の人でした。(警察官は)犯人の(ナイフを持っている)右手をたたくような動きをしていました」

 検察官「犯人はその後どのような行動をしましたか」

 証人「路地の方へ入っていきました」

 検察官「路地の様子は見えましたか」

 証人「人が取り囲んでいて見えませんでした」

 《見取り図に、さまざまな記号を書いて、状況を説明する。証人はその後、被害者を救護するため、近くで倒れていた男性のそばに近づいたという。証人は、介護福祉士の資格を持っており、そのカリキュラムで救護法を学んでいたという》

 証人「駆け寄って『大丈夫ですか』と声をかけましたが、男性は口を開きませんでした。下をみると、胸のあたりから、すごいたくさんの血が出ていました」

 《間もなく、医者だと名乗る人が近づいてきて、心臓マッサージを始めた。証人は隣で傷口を圧迫し、止血を試みていたという》

 証人「心臓マッサージをすればするほど、出血が激しくなりました」

 《必死で救命活動にあたる目撃者たち。先ほどまでノートになにやら書き込んでいた加藤被告は、いつしかノートから手を離し、証人の言葉に聞き入っていた》    =(2)に続く

【関連記事】
秋葉原無差別殺傷 きょう第7回公判 ビデオリンク方式で証人尋問
「犠牲になった友人が背中押して助けてくれた気がする」 秋葉原殺傷の被害者が証言
「みんな死ねば」加藤被告の悔恨 秋葉原17人殺傷
秋葉原殺傷事件 引きずる影、薄れる記憶
秋葉原殺傷初公判 加藤被告「申し訳ありません」と謝罪
「裸の王様」次に座るのは…

<推理作家協会賞>長編部門は飴村行さん、貫井徳郎さんに(毎日新聞)
47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾-刷新会議(時事通信)
走行中の車を座いすが直撃、投げ落としか(読売新聞)
鳩山G会長の大畠氏「冷静に受け止め、対処するしか…」(産経新聞)
<公務執行妨害容疑>元道警部長逮捕、警官2人殴る 群馬(毎日新聞)
スポンサーサイト

不明少年が守った兄のランドセル 8カ月ぶり、15キロ下流で発見(産経新聞)

 昨年8月の台風9号による豪雨災害で、行方不明になっている兵庫県佐用町立幕山(まくやま)小5年、小林文太君(10)が避難時に持っていた兄のランドセルが18日、現場から南に約15キロ離れた同県上郡町の千種川河川敷で見つかった。

 ランドセルは18日午前11時ごろ、清掃作業をかねて捜索していた漁協関係者が竹やぶにひっかかっているのを発見。内側には文太君の兄の名前が書かれていたが文具などはなく、泥だけが入っていた。

 文太君は豪雨当日の昨年8月9日深夜、「兄ちゃんのランドセルが水につかったらあかん」と、兄のランドセルを抱え、自分のランドセルも背負って母の佐登美さん=当時(40)=、姉の彩乃さん=同(16)=と避難。途中で自宅近くの用水路に転落し、佐登美さんと彩乃さんは遺体で発見された。兄は先に祖父宅に避難していて無事だった。

 県警が捜索を打ち切った後も、近所の人と捜索を続ける祖父の武さん(68)は県警佐用署から確認を求められると、「間違いない。あんなところまで流されとったんか」と涙ぐみ、「関係者のみなさんに本当に感謝している。私のそばに文太がいるようだ」とランドセルを大切そうになでた。

 豪雨では18人が死亡。文太くんら2人が今も行方不明で、県警は19日朝からランドセル発見現場付近を45人態勢で捜索する。武さんは「ひとつの手がかりができたので、周辺を重点的に捜したい」と話した。

<雑記帳>猿撃退に虎のぬいぐるみ 愛知・岡崎(毎日新聞)
41年ぶり、都心で最も遅い降雪=低気圧と強い寒気が影響(時事通信)
純金や銀のミニチュアかぶと展示販売(産経新聞)
火山噴火 全日空、日航が一部便を欠航(毎日新聞)
<参院選>ネット選挙解禁に向け協議機関設置 与野党一致(毎日新聞)

<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)

 西京銀行(本店・山口県周南市)は19日、融資先の氏名や融資申込金額など個人情報が書かれた関係書類を推定で1786件紛失したと発表した。

 本店営業部の管理で、06年10月~08年3月の融資分。今年3月9日、本店書庫内で過去の融資資料を探した際に分かった。内部調査の結果、09年2月下旬に実施した書類整理の際に誤って廃棄した可能性が高いという。西京銀にはこれまで紛失した個人情報に関係する問い合わせや苦情などはないという。西京銀は「外部に流出した可能性は極めて低い。再発防止に向け、情報管理を再度徹底する」としている。

 西京銀は09年にも山口支店が振込伝票など約1万2000件を紛失している。

【関連ニュース】
国民生活センター:52人分の個人情報を紛失
情報盗難:生徒1000人分 愛知2教諭、車上荒らし被害
個人情報流出:校長の私有パソコンから 長崎市立中
慶応生協:個人情報を紛失
アリコ:役員報酬の一部返上 顧客情報流出で処分

ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
空自スクランブル299回 平成21年度、66%はロシア機 (産経新聞)
舛添氏に厳しい処分を=自民全議員懇で続出(時事通信)
ブルトレで九州一周!“贅沢”な旅、完売間近(産経新聞)

キセル乗車 相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作(毎日新聞)

 相模鉄道(横浜市西区)は16日、男性車掌(28)が磁気定期券の入出場記録を不正操作し、07年10月~10年3月の約2年半にわたって運賃の一部を免れるキセル乗車を繰り返したとして、この車掌を解雇した。不正操作に関与していた駅員数人も処分する方針。

 相鉄によると、車掌は07年10月から有効の都営地下鉄(志村坂上-泉岳寺間)の6カ月定期券を購入。別の駅員に頼み入場記録のない乗客の出場を防ぐ「不正乗車防止システム」を解除させていた。

 車掌は、職場のある横浜市から帰宅する際、東急東横線横浜駅から目黒駅まで行き、都営地下鉄に乗り換えていた。この際、横浜駅で初乗りの切符(120円)だけ購入。三田駅まで430円かかるところを、差額の310円分をごまかし、自宅近くの志村坂上駅(東京都板橋区)で定期券を使い不正に出場していた。6カ月で定期を継続するたびに、同様の操作を繰り返しており、キセル乗車で支払いを逃れた総額は、約2年半で十数万円という。

 往路は、志村坂上駅から三田駅経由で泉岳寺まで行き、京急線に乗り換えるルートだった。京急線は回数券を利用していた。

 車掌は「泊まり明けの帰路は座れる東横線の方が楽だった」と話しているという。

 相鉄経営管理部は「再発防止に努め、厳正に対処したい」とコメントしている。【木村健二】

 【ことば】不正乗車防止システム 乗客が自動改札機を通過する際、切符や定期券に入出場情報を記録し、入場の記録がない場合には、改札機の扉が閉まる仕組み。運賃不足の切符で入場し、定期券を使って出て差額を浮かすキセル乗車を防止するために導入された。入出場情報が誤って記録された場合には、各駅に設置された装置で一時的に解除される。

【関連ニュース】
キセル乗車:神奈川労働局長を懲戒処分
キセル乗車:神奈川労働局長、通勤で 懲戒処分に
無賃乗車:43歳主査、通勤で 県、停職2カ月の懲戒処分 /長野
県職員のキセル乗車:容疑者、懲戒免職処分に 上司は厳重注意 /秋田

福岡競艇場に両腕漂着!諸賀さんの遺体の一部と確認(スポーツ報知)
石原知事、「若い奴は腰抜け。このまま死ねないよ」(産経新聞)
啓発セミナー参加の男性死亡=賠償請求、遺族が提訴-大阪地裁(時事通信)
母親、虐待隠しか 大阪1歳女児死亡 担当者遠ざける(産経新聞)
妻「悲しみ、言葉にできない」=15年来の同僚、カメラ手に涙-ジャーナリスト銃撃(時事通信)

ハチ公 75回目の慰霊祭(産経新聞)

 渋谷駅で飼い主の上野英三郎博士を約10年間待ち続け、忠犬といわれた秋田犬「ハチ公」の慰霊祭が8日、同駅前のハチ公銅像前で行われ、関係者らがハチ公をしのんだ。

 ハチ公は上野博士が死去した後も博士を送り迎えしていた渋谷駅に通って待ち続けたといわれる。昭和10年3月8日、渋谷駅近くの路地で死んでいるのが見つかった。

 忠犬との評判はハチ公が生きている間に広まり、銅像は9年に建立されている。

 慰霊祭はハチ公が死んだ翌年の11年以降、毎年命日から1カ月遅れの4月8日に行われ、今年で75回目。

 上野博士の孫で元三重県議の上野一人さん(72)も津市から駆けつけ、「ハチ公を題材にした物語がつくられ、世の中に役立っているならありがたいこと。身内としてうれしい。ハチ公より先に死んだ祖父は何も知らないので、私が墓に入ったら祖父に伝えたい」と話していた。

<出資法違反容疑>石油輸入販社役員らを逮捕 広島県警など(毎日新聞)
スーツケース女性遺体、男が出頭し関与示唆(読売新聞)
山崎さん搭乗シャトル公開=5日夜打ち上げ-ケネディ宇宙センター(時事通信)
科学的知見から迅速審理を 毒ぶどう酒事件(産経新聞)
牛肉輸入協議再開へ 日米合意 米「段階的に緩和を」(産経新聞)

万引き男性を恐喝容疑、「Gメン」ら3人逮捕(読売新聞)

 スーパーで万引きした無職男性(48)から50万円を脅し取ったとして、岡山県警は5日、同県倉敷市玉島のスーパー「トライアル」倉敷店の店長柴田浩司(39)(倉敷市)、副店長豊見山香紀(よしのり)(35)(同)、警備会社保安員村田敬子(55)(北九州市)の3容疑者を恐喝容疑で逮捕したと発表した。

 発表によると、3人は昨年11月13日午後6時頃、同店でパソコンのマウスと食品(計1300円相当)を盗んだ男性と兄の会社員(50)に「刑務所に入ってもらう。お兄さんも仕事ができなくなる」などと脅し、翌日、現金を受け取った疑い。

 玉島署によると、村田容疑者はトライアルチェーン店を巡回する「万引きGメン」で、男性が品物をレジに通さず店を出るところを見つけ、同署に通報。男性は取り調べを受けたが、逮捕はされず、被害弁済のために兄と店に戻って脅されたという。

 調べに対し、柴田容疑者は「自分は主導していない」などと供述しているという。

鳩山邦夫氏、新党参加当面見送り…平沼氏と一致(読売新聞)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)
10年度診療報酬改定、4月実施危ぶんだ時期も(医療介護CBニュース)
自民、5月決着先送りなら首相退陣を=普天間で与野党幹部が論戦(時事通信)
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ(医療介護CBニュース)

菅家さん無罪確定 冤罪の構造、暴けぬまま(産経新聞)

 菅家利和さんに無罪が言い渡された。判決では、当時のDNA型鑑定の信用性を否定したうえ、虚偽の自白に追い込まれた原因にも触れた。再審の重要な目的である「早期の名誉回復」も果たした上で、ずさんな科学鑑定と、かつては「証拠の王様」と言われた自白に頼る捜査のもろさが改めて浮き彫りにされた。

 冤罪(えんざい)の証拠となった捜査段階のDNA型鑑定について、(1)再鑑定との相違(2)データの読みづらさ(3)それを支える画像データの欠落-を根拠に信用性が否定された。「科学的に信頼されている方法で行われたと認められない」として、当時の鑑定技術の稚拙さを断じた。

 科学捜査の走りとなった足利事件のDNA型鑑定について信用性が否定されたことは、同時期に発生し同様のDNA型鑑定によって有罪が確定、死刑が執行された福岡で女児2人が犠牲になった「飯塚事件」の再審にも影響を与える可能性がある。

 判決は、取り調べ時の状況や、調べを受ける人の性格などの要素で、自白が「作られる」危険性にも言及した。

 菅家さんが虚偽の自白に至った原因については、「(取り調べた)検事にDNA型鑑定結果を告げられたことが、最大の要因」と指摘。「当時の取り調べの状況や強く言われると反論できない菅家さんの性格」などを理由に挙げ「自白は新聞記事の記憶などから想像をまじえ供述した」と認定した。

 また、1審公判の間に行われた別の事件に関する取り調べでは、菅家さんの弁護人に連絡がなく、菅家さん本人にも黙秘権を告知していないなど、違法性が浮かび上がった。

 誤判原因の一端に光が当てられる一方、菅家さんの名誉回復を目指す再審公判には限界も見えた。

 当時、菅家さんを取り調べた警察官やDNA型鑑定を行った技官、裁判官らの証人尋問は断念され、判決でも「虚偽の自白」を見抜けなかった構造に言及はなかった。

 「なぜ菅家さんが犯人とされ、捜査の対象となったのか」。その疑問も解消されないままだ。

 今後、公表されるであろう最高検や警察庁の検証結果がいかに判決内容を反映し、深く掘り下げられるかを注視しなければならない。今回の判決と検証結果から捜査当局や裁判所がどのような教訓を導き出すのか。それができなければ、菅家さんの失われた約18年に報いたことにはならない。(是永桂一)

 ■誤判究明、国民が議論を

 木谷明・法政大法科大学院教授(刑事法)の話

 裁判長の謝罪は、大変率直で好感が持てた。短い言葉だったが、裁判所の誠意が伝わったのではないか。

 弁護側が求めた誤判原因の究明は、謝罪以上に重要だが、完全な究明には至らなかった。警察、検察、裁判所は協力して原因究明に取り組み、足利事件で虚偽の自白を生んだ取り調べについても、全面可視化の方向で議論をするべきだ。

 とはいえ、裁判員制度が始まり、市民が冤罪の可能性がある裁判に関与する危険性がある時代。冤罪の誤判究明は、国民が関心を寄せて、議論するべき問題である。

 ■第三者の調査が有効

 村岡啓一・一橋大法科大学院教授(刑事法)の話

 取り調べには、無実の人が虚偽の自白をせざるを得ない構造的な危険があることが明らかになった。宇都宮地裁の判断は、自白をした菅家さんの責を問うもので教訓にもならない。

 再審で虚偽の自白の実態が分かったのに、自白をさせた捜査側の原因は見ておらず、「なぜ無実の人が虚偽の自白をするのか」ということを解明できなかった。

 裁判所は旧来の視点を転換できていない。法曹三者以外に一般の人による独立した第三者委員会で調査することが有効だろう。

【関連:足利事件再審】
幕田検事正「改めておわび」
菅谷さん、法廷では笑顔なく
無罪に涙ぐむ支援団体の西巻さん
元県警幹部「人生無為、申し訳ない」 
26日に再審判決「納得いく判決を」 菅家さんに聞く

<足利事件>菅家さん無罪判決 被害者遺族は事件風化に懸念(毎日新聞)
民主との「距離感」に悩む連合、内部から懸念の声(読売新聞)
重度障害者 脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
米国防長官と29日に会談=岡田外相、ワシントン入り(時事通信)
東大寺・筒井長老の本山葬、営まれる(産経新聞)
プロフィール

しようじたけお

Author:しようじたけお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。